忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/10/14 10 : 30
CATEGORY : [消費者金融]

ほんの数日前のことですが、消費者金融のアエルが廃業というニュースが入ってきました。

業界10位ほどの融資残高がある中堅ブランドだけに、少なからずインパクトがあります。去年の秋に廃業したクレディア、そして現在売却先を探しているレイク(GEグループ)もあわせて、まだまだ個人向けキャッシングの再編は進んでいるようです。

その一方で、中小事業者をターゲットにしたビジネスローンの動きはどうかといえば、やはり個人向けキャッシングと同じように規模の縮小が目立ちます。

たとえば大手JCBブランドのビジネスローンが2006年からスタートしましたが、すでに今では事実上のサービス停止となっています。柔軟な審査で定評のあったビービーネットファイナンスも現在は単なるローン紹介事業になってしまいましたし、一部上場企業のNISグループもあまり好調な融資状況とはいえません。

個人向けローンの不調が、ビジネスローンのサービスにも影響していると言えるでしょう。サラリーマンから独立をめざす人やすでに中小企業を経営しているユーザーには、なかなか辛い状況です。

そんな中でもよく探してみると、健闘しているビジネスローンがあります。それが、アイフル系列のシティズです。

大手消費者金融のビジネスローン部門だけに資本力はしっかりしており、金利15.0~18.0%、最大1500万円までの高額融資とバランスの良いサービス内容になっています。申し込むには「設立から1年以上」という条件付きですが、担保も保証人もいらないビジネスローンとしては申し分ない条件と言えるでしょう。

また、シティズは審査の面でも有利です。昔は個人向けローンが柔軟審査、ビジネスローンは少し厳しいというイメージがありましたが、今はそうとも限りません。個人向けキャッシングが審査を引き締めた反面、シティズのビジネスローンは去年の春を境に可決率・申込数・融資残高すべてがアップしているくらいです。

最新のデータを見ると、ほとんど武富士の個人向けキャッシングに匹敵する可決率をシティズのビジネスローンは誇っています。ひと昔前からは想像できないほど、シティズの事業者ローンと他社の個人向けローンは「融資の受けやすさ」で差が縮まってきているのです。

これから何か事業を始めようとしていて、個人向けキャッシングでは必要な融資額にならない方、銀行のローンは厳しすぎると困っている方には、シティズのように柔軟サービスを展開している店舗が有力な候補の1つになるでしょう。

PR

2008/04/08 11 : 21
こめんと [ 0 ]
<<ブラックリスト調査 | HOME |過払い金返還請求の根拠、判例2>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<ブラックリスト調査 | HOME |過払い金返還請求の根拠、判例2>>

忍者ブログ [PR]